結婚披露宴の常識

どんな引き出物を選ぶ?

そもそも結婚披露宴は新郎新婦側がゲストをもてなすというのが主たる目的です。
本来なら夫婦二人がそろって挨拶と結婚の報告にいくところを、
会場を用意することで「来てもらう」というスタンスのものだからです。
だからこそゲストを心からもてなす準備が必要だと考えられます。

引き出物は人数分用意しなければならない為、多少手間のかかる部分ではあります。
しかし、もらった人が喜んでくれるようなものを選ぶように心がけましょう。
一番のポイントは「持ち帰りやすい」ものを選ぶようにするということです。
重いものや大きなサイズのものは中身がどうであれ、持って帰るだけでも大変です。
その点はしっかりと考慮して選ぶべきです。

また、引き出物に選んではいけないものもあります。
例えばガラスなどはタブーとされているので注意が必要です。
これは「割れてしまう」可能性があるという一種のゲン担ぎのようなものですが、
意識している人は少なくありませんから、選ばないようにするのが賢明です。

最近では、もらった人がカタログから好きな品を選べるタイプのギフトが主流です。
これなら引き出物をもらった人が喜んでくれる確率もあがるでしょう。
ただしインパクトや印象に欠けるというデメリットはあるので最終的には自分たちで決定するようにしましょう。

カタログも様々な種類が登場しています。
そのなかから内容を予め自分達で吟味しておくことが必要でしょう。
そして、出来るだけ良いと思う内容のカタログを引き出物として利用しましょう。

また、夫婦で来てくれたゲストには引き出物はいくつ渡せばいいのでしょうか?
結論から言えば、基本的にはひとつだけでOKです。
ただし、カタログギフトではない場合には品物をちょっとだけ変えて一人ずつに渡すという方法もあるようです。

引き出物の相場はいくら位なのでしょうか?
一般的には5000円程度のものを渡すのがふつうだと言われています。
もちろん相場にこだわる必要はありません。
自分でコレだと思ったものならタブーにならなければ、それに勝るものはないでしょう。
こちらでは結婚披露宴のブーケについての詳しい解説がありました。ぜひ参考になさってみてください。