結婚披露宴の常識

どんな衣装を選ぶ?

結婚披露宴で着る衣装は一生の思い出になる大切なものです。
女性なら素敵なウェデイングドレスを着るのが楽しみだったという人も沢山いるはずです。
もちろん男性も人生の晴れ舞台ですから素敵な衣装を着て凛々しくありたいものです。

そこで、ここでは結婚披露宴に着る衣装について選び方を中心に解説します。

まずはウェデイングドレスの種類から考えましょう。
ひとくちにウェディングドレスといっても実は様々な種類があります。
デザインやカラーなどの選択は会場の雰囲気などと照らし合わせながらじっくりと吟味しましょう。

この他にも大きなポイントがあります。
それがレンタルのものを着るのか購入するのかという選択です。
ウェディングドレスは決して安いものではありません。
あまり予算がないのに無理して購入するよりも、会場でレンタルしているドレスをレンタルすれば、
比較的安価でも高級なドレスを着ることができるのでオススメです。

購入という事になれば、既製品を買うのかオーダーメイドするのかという点を選ぶ必要があります。
当然のことながら、フルオーダーメイドは自分にぴったりのサイズでデザインも自由自在ですが既製品よりも割高です。
既製品は安いとはいえ、希望通りのものに出会えないという事も有り得ます。

そこで中間をとって、セミオーダーメイドが流行しています。
デザインもサイズも、ある程度は思い通りに出来る上に完成も早いということが背景となっています。

男性ならモーニングやタキシードなどを選ぶのが一般的です。
あるいはストローラーや燕尾服などを着用することもあります。
フロックコートという選択肢もありますが、年代が非常に古い時期のものなので、あまり一般的ではありません。

新婦はブーケの用意もしておく必要があります。
ドレスのデザインにあわせて用意するのが理想的です。
ドレスとチグハグな花を選ばないように注意しましょう。

これらの知識を活かして、自分にぴったりの衣装を着ましょう。
このサイトの披露宴会場でのご挨拶のページも大変参考になります。ご覧になってみてください。