結婚披露宴の常識

両親への手紙

結婚は人生の大きなターニングポイントといっても過言ではありません。
これから新しい家庭を築いていく二人が友人や知人、会社の上司や親族に挨拶をするのが披露宴だと考えられています。
もちろん主役は新郎と新婦ではありますが、ゲストに対しても感謝の気持ちを持っていたいものです。
また、両親に対しても自分から感謝の気持ちを伝えることの出来る数少ないタイミングだといえるでしょう。

結婚するまでの間、お世話になってきた父親と母親への感謝の気持ちを手紙にして伝える
という演出も結婚披露宴においてはポピュラーになってきました。

もちろん必ずしも行わなければいけない、というものではありません。
方法にも様々なものがありますから、ここでは両親に宛てた手紙http://www.arflowerandgardenshow.org/wp10.html
について解説します。

最大のポイント・特徴は「特定のルールがない」ということです。
一般的とされているのは新婦が自分の親に手紙を書き、それを読むというものです。
とはいえ、先述したとおりルールはありませんから新郎も両親に手紙を書いてみてはいかがでしょうか?

実際に今では一般的なことですし、何よりも感動で会場の雰囲気が良くなります。
内容についても特に決まりはないので、自分なりに書いてみてください。

結婚という人生の一大イベントまで育ててくれた両親への素直な気持ちと結婚の喜びを書くのが一般的です。
これからも宜しくという想いを読み上げるのもセオリーですが、大切な項目です。

ただし、あくまでも結婚披露宴にはゲストがいるという事を忘れない様にしましょう。
あまりにダラダラとした文章や内容によってはゲストを退屈させかねません。
時間をとりすぎない様にする事や会場の雰囲気を考えるようにするのが理想的です。

両親への手紙は、必ずしも披露宴で読む必要はありません。
手渡すだけでも構いませんし、極端な話ですが後日郵送してもイイでしょう。
問題は気持ちを伝えることが出来るかどうかというポイントにあります。
せっかくの機会ですから、恥ずかしがらずに伝えてみましょう。
こちらのサイトxn--h1s64a26mrz3awb1a.tkも、ぜひご覧ください。オススメのサイトです。