結婚披露宴の常識

ゲストを迎える

結婚は新郎と新婦の新しい人生のスタートともいえる人生の大きなポイントの一つです。
そして結婚披露宴は多くの人々に結婚を祝福してもらえる素晴らしいイベントです。
だからこそ「祝福してくれる」ゲストを大切にもてなしましょう。
それが出来るかどうかが披露宴を成功させる大きな「鍵」になります。

【迎賓】
まず最初にゲストをもてなすタイミングが「迎賓」です。
新郎新婦と両家の両親が会場の入り口でお客様を出迎えます。
その「やり方」はいくつかあり、新郎新婦だけで行うこともあります。
もし両親が亡くなっていたりした場合は親族に代理を務めてもらうことも可能です。

もちろん必ずしも迎賓を行わなければいけないという訳ではありません。
自分たちがイメージしている披露宴の雰囲気によっては行わなくてもOKです。
最近では、ドレスの初披露は披露宴が良いという理由などでも省略されることがあります。

【席順の決め方】
結婚披露宴の席順決めを難しいと感じている方も案外多いようです。
先述したようにゲストといっても会社の上司や友人、家族や親族など様々な人が集まります。
だからこそ席順を決めるのが難しいと感じるのかもしれませんが、
実際に決めるときは大雑把にポイントを把握しておけば問題ありません。

ポイントとしては「主賓」が挙げられます。
主賓というポジションを設けるかどうかによって席順が大きくかわります。
もし設けるというイメージなのであれば、
主賓は新郎新婦に一番近いメインテーブルの一番近い位置に席を配置しましょう。

逆に両親は一番遠いポジションに座ってもらいます。
両親と新郎新婦ではさむようにゲストをおもてなししましょう。

会場のかたちやテーブルの配置によっても多少異なりますが、
多くの場合で下記のような順番になるようです。
主賓→友人や知人→親族
徐々に新郎新婦から離れていくような順番で席決めをするのが一般的です。

また、むかって右側が新婦の関係者・左側が新郎の関係者という風に、
ゲストを大きくふたつに分けて考えるというパターンの配置も多いようです。
しかし何よりも「知人同士は同じテーブルに」や「夫婦は隣同士の席に」
などの細かい心遣いがもっとも重要でしょう。

こちらのサイトには婚約指輪にふさわしい石の解説が記載されています。是非指輪選びにお役立てください。