結婚披露宴の常識

結婚披露宴謝辞

私たち現代人の人生において結婚は非常に大きなイベントです。
その際に催される結婚披露宴では、新郎新婦の新たな門出を知人・友人をはじめとして親族等が祝福してくれます。
披露宴において新郎新婦は主役ではあります。
しかし、そもそもは会場を借りて親族や知人に報告と挨拶を兼ねた場なのです。

ゲストは新郎新婦を祝福するため、新郎新婦はゲストに感謝するための催しと考えるようにしましょう。
そこで結婚披露宴では主催者側(新郎新婦・両親)から【謝辞】という言葉を話します。
上記のようにゲストに直接感謝の気持ちを述べたり、将来への希望などがその内容です。

基本的には主催者側の代表者が話をすることになります。
もちろん全員から一言ずつ話すというのも1つの手段として考えてもいいでしょう。
しかし、その場合はゲストのことも考慮して「時間」に注意するようにできたら理想的です。

スピーチをする人に基本的にルールはありませんが、代表的な例としては、
新郎の父親が一人で役割を担う場合や、新婦の父親の場合があります。
また、新郎が一人で行う場合や二人で一言ずつ話すこともあります。

タイミングとしては結婚披露宴の最後になります。
全て終了した後の締めくくりの言葉でもあるので、非常に重要な役割です。
場合によっては、その日の印象を左右することもあるでしょう。

新郎の謝辞としては五分程度を目安として考えるようにしましょう。
最終的にまとめることが出来れば、どんな内容でも構いません。
面白おかしく話しても問題はなく、ゲストの印象にも残ることでしょう。
ラストの部分はゲストへの感謝の気持ちで締めくくるようにするのがベストです。

新婦の場合も両家の代表者が謝辞を述べる場合も同様に5分程度を目安にするのが一般的です。
とはいっても先述したように、特筆すべきルールやマナーはありません
それ故に、自分なりに工夫してみるのも面白いかもしれません。

何よりも大事なのは感謝の気持ちを言葉にすることです。
それを踏まえたうえで、シンプルかつ個性的にまとめられるように心がけましょう。
こちらのサイトには、結婚披露宴での謝辞の例文などの解説が記載されています。
是非ご覧になってみてください。