結婚披露宴の常識

ウェディングケーキについて

結婚披露宴につきものなのは、やはりウェディングケーキです。

『はじめての共同作業』の定番でもあります。

一番イメージしやすいのは、
タワーのように高く積みあがったウェディングケーキではないでしょうか?

最近では、タワーのようなウェディングケーキ以外にも様々なスタイルから選ぶことが出来るようになりました。

ちなみに、前述のウェディングケーキは【イミテーションケーキ】と言い、
本物のケーキではないので食べられません。

ケーキ入刀の際は、決められた場所に入刀することで
切れているように見せることが出来ます。

そしてケーキ入刀時の演出として挙げられるのが「ファーストバイト」です。
first biteというのが語源ですから簡単に訳せば「最初の一口」のような意味合いになります。
これは結婚披露宴のお決まりといっても良いようなパフォーマンスで、
新郎新婦がお互いにケーキの一口目を食べさせあうことを意味しています。

本物のケーキならそれをいただきますが、先述したイミテーションケーキの場合は、
先に用意しておいたものを食べることになります。

一見したところ、ただのパフォーマンスにとられがちですが、実はちょっとした意味があります。
新郎は新婦に「食べ物に困らせることはしない」という事を、そして新婦は「美味しい料理をつくる」
ということを暗に意味しているそうです。

本物のケーキのことは【フレッシュケーキ】とよびます。
入刀後に食べることも出来るというのが魅力のひとつです。
ただし会場によっては衛生面から入刀したケーキを食べることが出来ない場合もあります。

ちなみに先述したイミテーションケーキは殆どの部分がゴムで出来ているという事もあり、
予算を抑えられるのが魅力でした。

この他にもウェディングケーキには様々な種類があります。
オリジナルのデザインケーキやデコレーションケーキなどをその代表として挙げることができます。
フランス発祥のクロカンブッシュも注目です。
これはシュークリームを積み上げてカラメルや飴で固めたものを指しています。
ウェディングケーキについては以上となりますが、結婚式のブーケトスの意味はご存知ですか?
よかったらこちらをご覧ください。