サンプルサイト

結婚披露宴の常識

披露宴の主役は新郎と新婦ですが、
その主役を引き立ててくれるスタッフやゲストがいるからこそ結婚披露宴に価値が生まれます。
ここでは、披露宴での役割と人選について解説します。

披露宴は招待するお客様がいなければ始まりません。
では一体どれくらいの人数を招待すればいいのでしょうか?

人が多ければ多いほど披露宴も豪華で賑やかにはなりますが、
費用がかさばってしまったり手間がかかったりとデメリットも挙げられます。
人が少なければ、親しい人だけが集まることが出来るので温かい雰囲気になるでしょう。
その反面、少しさびしいと感じる人もいるかもしれません。

この疑問に対する答えは至ってシンプルかつ簡単です。
結論から言えば「呼びたい人を呼べば良い」という事になります。
それが最もシンプルかつ合理的でしょう。

ただし、普段からの親交がない人を呼ぶ場合は注意が必要かもしれません。
招かれても気まずく感じてしまう方もいるかもしれません。
自分たちが精いっぱいのもてなしを出来るだけの人数を呼ぶのも一つの目安になるでしょう。

ゲストに対しては必ず一か月前までに招待状を出すというのも最低限のマナーです。
主催する側としても出来るだけ早く料理や席などを検討しておきたいところです。
その前提条件となるものですから、招待状はしっかりと準備しておきましょう。

また、結婚披露宴には様々な役割があります。
例えば「挨拶」や「スピーチ」、「司会」や「余興」です。
これらの項目は新郎新婦から適任と思われる方に直接依頼するのが理想です。
知人や友人にお願いする場合であれば、招待状を送る前に電話で相談しておくようにするのがマナーです。

挨拶やスピーチは持ち時間と話してほしい内容を予め伝えておくのがスマートです。
しばしば上司にお願いするという事もありますが、
出来るだけ親しい人にお願いするのが理想的です。

余興についても予め持ち時間を相談しておきましょう。
また出来れば内容を聞いて設備面などの準備を段取りしておく必要もあるかもしれません。

受付は親族にお願いするか、仲の良い友人に依頼するのが良いでしょう。
お金の管理も任せることになるからです。

司会は親族や知人友人にお願いするという手段の他にもプロに頼むという方法もあります。
思い描く披露宴のイメージに合致する方を選ぶといいでしょう。
司会は結婚披露宴の成功のカギを握る大切な役割です。
だからこそ、慎重に選ぶように意識してください。
こちらの結婚披露宴の会場選びのポイントにも役立つ情報が記載されていますので、是非ご覧ください。